自分の偏差値で大学受験の参考書を選ぶべき?

自分の偏差値で大学受験の参考書を選ぶべき?

参考書をどのように選べばいいのか迷っている人は少なくありません。本屋に行くとたくさんの参考書が売られているので迷ってしまいます。

そこで自分の偏差値で大学受験の参考書を選ぼうとする人がいます。本には対象となる偏差値が書いてあることがありますし、だいたいのレベルが分かるため偏差値は有効な物差しになります。

しかしながら、今の自分よりもちょっと低めの偏差値を対象とした参考証を選ぶことをおすすめしています。

そのほうが基礎的な事柄が身につきますし、参考書を読んでいても分かりやすいからです。面白くない内容を読んでも勉強になりません。

それであれば、すこし簡単な内容がまとめられた参考書を選んだほうがいいのです。

目指す大学や偏差値に合わせた参考書がある?

目指す大学や偏差値に合わせた参考書がある?

大型の書店を訪問するとよくわかりますが、世の中には多くの大学入試向けの参考書が流通しています。オンラインショップではさらに多種類のものがあります。

このような事実が意味することは、志望大学の偏差値、あるいは利用する受験生のレベルに合った参考書は必ず存在するということです。

そんな理想的な参考書に巡り合うためには、志望校のことや、ご自身のことを理解しなければなりません。

例えば、その大学ではどのような分野から出題される傾向があるのか、そして、難易度はどの程度なのかということが考えられます。

逆に、ご自身が苦手とする分野はどこなのかといった理解も必要となるでしょう。こうした理解を踏まえて選択すると、より良いものを入手することができます。

なお、実際に選択する際にはインターネットで調べるよりも、書店で直接チェックしたほうが効果的です。

自分の偏差値や自分に合う参考書がわからない場合どうする?

自分の偏差値や自分に合う参考書がわからない場合どうする?

参考書はただ高難度の物を買えば良いわけではありません。本人の偏差値や伸ばしたい課題に合致したものを正しくチョイスする必要があります。

難易度が高すぎても学力は伸び悩みますし、反対に易し過ぎる参考書だと意欲が湧かずやはり逆効果です。

自分の偏差値に合った参考書が分からない場合は、尊敬している先輩や難関大学に入った兄弟や姉妹に相談しましょう。きっと良いアドバイスが得られるはずです。

彼らが受験生の頃、愛用していた参考書をとりあえず聞いてみるのも良いでしょう。自分と同じ偏差値の頃、どういった参考書を利用していたか、まずは成功者の真似をするのが意外と効果的です。

またインターネットを通して質問するのも一つの手段になります。