偏差値が高い人は参考書を授業で応用する?

偏差値が高い人は参考書を授業で応用する?

偏差値が高い人は参考書を授業で活用するというよりは、参考書は参考に使うだけのことが多いです。人によって使い方はさまざまですが、まずは教科書が基本という事はほとんどの人が一致しているといえるでしょう。

そして、教科書では補えない深いところは別のモノで補うという事をしているだけです。大学受験で必要になるのは基本として教科書で、それ以外の物はそれを補うものと考えています。

授業で応用するというよりは、参考にする程度でそれ以上でもそれ以下でもないといった方が良いかもしれません。

どんなにいい内容が書いてあったとしても、それを見て大学受験が行われるわけではありません。大学受験は教科書が基本ですから、まずはそこをしっかりと偏差値が高い人はおさえています。

偏差値が高い人は参考書を模試で応用する?

偏差値が高い人は参考書を模試で応用する?

偏差値が高い人の特徴として応用力の高さが挙げられます。模試や本番の試験などでは、必ずしもこれまでに解いたことのある問題が出るとは限られません。

しかしながら偏差値が高い人はそのような初めてみる問題も解けてしまうのは、参考書で説いたことがある問題を上手に応用しているからです。

参考書で出てきた問題は比較的頻繁に試験で出題される問題も多いため、一つ一つの問題を解けるようにしておくことに加えて問題同士を組み合わせた場合にどのように解答を作成できるかについてもチェックしておくことが重要です。

このように偏差値が高い人は応用力をフルに発揮することで参考書を模試で応用することができていますし、それが結果に繋がっています。

偏差値が高い人は参考書を塾で応用する?

偏差値が高い人は参考書を塾で応用する?

受験勉強のために塾に通う人は多くいますが、偏差値が高い人は塾の授業に加えて参考書を上手く活用しています。

塾のテキストは塾講師が入試の傾向や必須分野などを熱心に研究して執筆したものであり、教科書や学校の授業に比べ入試に適したものとなっており、それだけでも入試に対する対策は十分できるといえるでしょう。

しかし、難関校を受験するに当たりさらに偏差値を伸ばすためには、苦手分野をなくすことや細かい知識を増やすということが非常に重要となってきます。

塾のテキストは頻出の問題を効率よく学べるようにと作られており、前述のような部分には物足りない場合があります。それらを補うために役に立ってくれるのが参考書です。受験する学校の傾向に合わせて上手に参考書を使いこなしましょう。